ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 元気戦略室 > ふるさと納税紹介ページ

本文

ふるさと納税紹介ページ

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

ふるさと納税特設サイトがオープンしました!!

https://www.city.oshu.iwate.jp/site/furusato/

ふるさと納税のお申込みについては、ふるさと納税特設サイトをご覧ください。

 


ふるさと納税制度を利用すると寄附金を納めるあなたが使い道を決定できます。
奥州市の発展のために、ぜひお申し込みをお願いします。

奥州市は皆様が思い描く“ふるさと”の実現に向け、いただいたご寄附を市が進める事業に使わせていただきます。ふるさとに貢献したい、応援したいという皆様からのご支援をぜひお願いします。皆様の想いを奥州市の未来へつなげましょう。

 

 

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」制度は、ふるさとを応援したい、ふるさとに貢献したいという想いを、寄附金という形で表す制度です。

寄附金の使い道を、メニューから直接指定することができるので、皆様の想いをまちづくりに反映させることができます。

誰でも申し込むことができるの?

奥州市出身の方だけでなく、どなたでも寄附することができます。(ただし、現在、奥州市在住の方は、総務省通知により返礼品を送付することができませんのでご了承ください。)

「ふるさとを応援したい」「奥州市の力になりたい」「私の寄附をこのプロジェクトに使ってもらいたい」そんな想いをお寄せください。

義援金との違いは?

義援金は県の義援金配分委員会を通して、被災者へ直接届けられます。一方、ふるさと納税は自治体に対する寄附ですので、まち全体の事業やまちづくり施策などに使われます。

税金が軽減されます

2,000円以上の寄附を行っていただいた場合に、寄附証明書(領収書)を添えて確定申告を行うことで、寄附金額から2,000円を差し引いた額が個人住民税・所得税から控除されます。(控除対象額は、個人住民税所得割額の2割が上限)

※寄附証明書は寄附金の納付を確認後にお送りいたします。

※平成27年4月より、ふるさと納税ワンストップ特例制度が創設されました。これは確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、特例制度の申請を行えば、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる制度です。申請書類は、納付確認後に、寄附証明書と合わせてお送りしますので、制度利用を希望される場合はご返送ください。

ふるさと納税手続きの流れ

1. お申し込み

 電話、Fax、インターネット等でお申し込みできます。お申し込みはこちら。

2.寄附金の納付

以下の方法で納付できます。

  • クレジットカード決済 ※手数料無料。インターネット申込のみ。
  • 郵便局   ※手数料無料
  • 口座振込 ※振込手数料ご負担いただきます
  • 納付書   ※奥州市指定金融機関又は奥州市収納代理金融機関のみ納付できます。
  • 現金書留 ※手数料ご負担いただきます

インターネットでの申し込みの際、サイトによってはお選びできない納付方法があります。

奥州市では一定額以上(10,000円以上)ご寄附いただいた場合、一年を通して奥州市の特産品をお送りしています。

※返礼品は在庫状況等によって、発送時期が遅れたり、希望のものがお申し込みできない場合があります。

3.寄附証明書等のお受け取り

市で納付確認後に郵送します。※確認に一ヶ月程度時間を要する場合があります。

4.返礼品のお受け取り

   お申し込みいただいた返礼品は、返礼品出品事業者より直接お送りします。

ご注意

  • 電話やFaxでのお申込みの場合、皆様からの「奥州ふるさと応援寄附金」をお受けするにあたり、「寄附申込書」のご提出のない方に、お振込案内を行うことはありませんので、奥州市を名のる者による寄附の強要や詐欺行為には十分にご注意をお願いします。
  • 寄附後の返金および減額には、原則応じかねますので、上記の事項をご確認、ご了承の上でお申し込みください。
  • 市からお贈りする返礼品をお受け取りになった場合の経済的利益は、一時所得に該当しますのでご注意ください。

date

ふるさと納税のお申し込み

奥州市のふるさと納税は、次の方法によりお申し込みください

電話 ・ FAX

電話・FAXでのお申し込み、お問い合わせ先はこちら

★おすすめ★ 2つの特長あるサイトからお選びいただけます。

(1) ふるさとチョイス<外部リンク>

ふるさと納税の寄附金額に応じて、返礼品への交換できる「ふるぽポイント」をお贈りします。

後からゆっくり返礼品を選びたいときや、季節ごとに色々な返礼品を選びたい場合に便利!

ポイント有効期限内(2年間)ならいつでも返礼品に交換できることや、ポイントを積み立てて、より高額なものを選べることが特長です。

ふるさとチョイスでの申し込みはこちら<外部リンク>

ポイント制の詳しい内容はこちら<外部リンク>

 

ポイント取扱注意事項

  • 返礼品の交換は、インターネットからお申し込みいただく方法と、お送りするダイジェスト版カタログからお選びいただき、申込用ハガキにてお申し込みいただく方法があります。
  • 1万円未満の寄附は、ポイント発行の対象となりません(返礼品のお申し込みができません)。
  • ポイントの有効期限は、ポイントをお贈りした日から2年間です。
  • ポイントの範囲内であれば、複数の品をお選びいただけます。
  • ポイント発行は、寄附の度に行います。
  • 有効期限内であればポイントを積み立てることが出来ます。その際、全てのポイントの有効期限が延長されます。

(2) 楽天ふるさと納税<外部リンク>

インターネット最大級の通販サイト「楽天市場」と同じやり方でふるさと納税ができます。

まずは、最初に返礼品を選んで、ふるさと納税として寄附金を納付いただく流れです。

ふるさと納税の申込み手続きがシンプルで分かりやすいことが特長です。

楽天ふるさと納税での申し込みはこちら<外部リンク>

 

寄附金の使い道~メニュー~

寄附のお申し込みの際に、以下の使い道からお選びいただけます。

  1. 誇りと幸せを実感できるまちづくりプロジェクト~人口プロジェクト~
  2. 世界へ発信するまちづくりプロジェクト~ILCプロジェクト~
  3. みんなで創る生きがいあふれるまちづくり
  4. 未来を拓く人を育てる学びのまちづくり
  5. 健康で安心して暮らせるまちづくり
  6. 豊かさと魅力のあるまちづくり
  7. 環境にやさしい安全・安心なまちづくり
  8. 快適な暮らしを支えるまちづくり
  9. 特に希望される使いみちを指定
  10. 特に事業を選択しない(市長におまかせ)

010203

これまでの実績

  • 平成20年度      36件     6,501,000円
  • 平成21年度      19件     1,794,000円
  • 平成22年度      13件     1,660,500円
  • 平成23年度      26件     2,320,000円
  • 平成24年度      18件     1,629,862円
  • 平成25年度      24件     2,209,689円
  • 平成26年度    438件    11,568,000円
  • 平成27年度  6,663件  304,449,131円
  • 平成28年度  4,358件  230,577,221円
  • 平成29年度  8,321件  332,376,129円

 

平成29年度の寄附の内訳(寄附者の希望する使い道ごと)
区分 件数 金額

1.誇りと幸せを実感できるまちづくりプロジェクト~人口プロジェクト~

653

24,386,496

2.世界へ発信するまちづくりプロジェクト~ILCプロジェクト~

355

16,673,914

3.みんなで創る生きがいあふれるまちづくり

364

13,519,000

4.未来を拓く人を育てる学びのまちづくり

1,460

54,518,646

5.健康で安心して暮らせるまちづくり

993

40,418,443

6. 豊かさと魅力のあるまちづくり

521

21,524,137

7.環境にやさしい安全・安心なまちづくり

653

25,528,740

8.快適な暮らしを支えるまちづくり

294

11,427,000

9.特に事業を選択しない(市長におまかせ)

3,023

124,176,659

10.特に希望される使いみちを指定

5

203,094

 合計 8,321

332,376,129

平成26年度奥州ふるさと応援寄附 寄附者一覧はこちら[PDFファイル/199KB]

平成27年度奥州ふるさと応援寄附 寄附者一覧はこちら[PDFファイル/2.73MB]

平成28年度奥州ふるさと応援寄附 寄附者一覧はこちら[PDFファイル/1.76MB]

平成29年度奥州ふるさと応援寄附 寄附者一覧はこちら[PDFファイル/1.87MB]

申込・問い合わせ先

奥州市役所(本庁)元気戦略室

〒023-8501 岩手県奥州市水沢大手町一丁目1番地

Tel:0197-24-2111(内線466)  Fax:0197-22-2533

Email: oshufan@city.oshu.iwate.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)