ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

戸籍の届出

印刷用ページを表示する 更新日:2014年8月21日更新
<外部リンク>

戸籍に関連する各種届出には、届出までに期限が定められているものがありますので、定められた期限内に届出してください。

また、届出に来られた方の本人確認を行いますので、顔写真のついた官公庁発行の身分証明書(運転免許証、パスポート等)の提示をお願いします。

届出事項 持参するもの 注意事項

婚姻届

(結婚するとき)

  • 届出人の印鑑
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)
    (奥州市に本籍がない場合)
  • 身分証明書等
  • 成年者2名の証人の署名と押印が必要です。
  • 未成年者の婚姻は両親の同意が必要です。
  • 届出人の署名と押印が必要です。

出生届

(子どもが生まれたとき)

  • 出生証明書
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • 生まれた日から14日以内に届出してください。
  • 子の名に使用できる文字は、常用漢字、人名用漢字、カタカナ、ひらがなの範囲に限られています。
  • 住所地において医療受給者証や児童手当等の手続きが必要となります。

転籍届

(本籍を移すとき)

  • 届出人の印鑑
  • 身分証明書等
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)
    (市内での転籍の場合不要)
 

死亡届

(亡くなったとき)

  • 届出人の印鑑
  • 死亡診断書
  • 火葬場予約通知書(予約された方のみ)
  • 死亡の事実を知った日から7日以内に届出してください。
  • 死亡後24時間を経過しなければ、火葬・土葬することができません。
  • 住所地において年金や国民健康保険証等の手続きが必要となります。

離婚届

  • 届出人の印鑑
  • 戸籍謄本(全部事項証明書)
    (奥州市に本籍がない場合)
  • 身分証明書等
  • 裁判離婚の場合は、確定の日から10日以内に申立人が届出してください。
  • 協議離婚は成年者2名の証人の署名と押印が必要です。
  • 未成年の子については、親権者を定める必要があります。
  • 離婚の際に称していた氏を引続き使用する場合は別に届出が必要となります。

閉庁後(夜間・休日等)の戸籍届出

閉庁後は、本庁及び各総合支所の宿日直において、次のとおり婚姻届などの届出書をお預かりします。

お預かりした届出書は、翌開庁日に担当課に引継ぎ事務処理をしますが、連絡をする場合がありますので、必ず日中に連絡のつく連絡先(電話番号)を記入してください。

  • 夜間(午後5時15分から翌午前8時30分まで)
    宿直において届出書(死亡届を除く)を預かり、翌開庁日に担当課へ引き継ぎます。
  • 休日など(午前8時30分から午後5時15分まで)
    日直において届出書を預かり、翌開庁日に担当課へ引き継ぎます。
  • 取扱窓口:本庁及び各総合支所宿直室