ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > e‐taxで確定申告を予定されている方へ

本文

e‐taxで確定申告を予定されている方へ

印刷用ページを表示する 更新日:2015年12月2日更新
<外部リンク>

 来年1月から始まる平成27年分の確定申告をe-tax(電子申告)で行うためには、マイナンバー制度により新設された個人番号カード、または、既存の住民基本台帳カード(以下、住基カード)が必要です。

 個人番号カードには電子証明書が標準搭載されていますが、住民基本台帳カードの場合、電子証明書を格納するため別途申請手続が必要です。

  個人番号カード 住基カード 住基カード格納の電子証明書
交付時期 平成28年1月以降

平成27年12月22日まで

また、電子証明書不要の場合は25日まで

(申請は12月4日まで)

平成27年12月22日まで
手数料 初回無料(当面の間) 500円 500円

個人番号カードを用いてe-taxを行う場合の注意点

  • 個人番号カードの申請は国の指定機関において申請順に作成されるため、申請から交付までの期間は不明です。e-taxによって確定申告をお早めに行いたい場合は、下記の住基カードによる方法をご検討ください。
  • 個人番号カードを取得される場合は、住基カードや格納された電子証明書が有効期限内であっても個人番号カード交付時に返納いただきます。
  • 個人番号カードの申請方法については、通知カードに同封されている申請案内をご確認ください。

住基カードを用いてe-taxを行う場合の注意点

住基カードをお持ちの方の場合

  • 住基カード及び格納されている電子証明書の有効期限をそれぞれご確認ください。
  • 電子証明書が有効期間内であれば、住基カード本体の期限が切れてもご利用になれます。
  • 住基カードの有効期限前で、電子証明書の有効期限が切れた(切れそう)という場合は、電子証明書の更新(新規)申請が必要となります。
  • 電子証明書の更新(新規)申請は、平成27年12月22日までに、本庁市民課または各総合支所市民環境課窓口にご相談ください。

住基カードをこれから取得される方の場合

  • 住基カードの申請は、平成27年12月4日まで、(電子証明書を格納する場合の)カードの交付は、平成27年12月22日までとなります。
  • 電子証明書の格納を希望する方は、住基カードの交付時にあわせて申請ください。
  • 住基カードが顔写真付のタイプではない場合、免許証等の顔写真付身分証明書の提示が必要となります。
  • 住基カードに格納された電子証明書については、3年の有効期間をもってサービスが終了となります。
  • コンビニエンスストアでの住民票等の自動交付サービスについては、10年の有効期間内に継続してご利用いただけます。

関連情報