ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法

本文

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法

印刷用ページを表示する 更新日:2016年2月25日更新
<外部リンク>

マイナンバーカードでできること

  • 氏名・住所・生年月日・本人の顔写真が記載されているので、身分証明書としてご利用になれます。
  • e-taxなどの電子申請等に使用する、電子証明書を利用できます。
  • コンビニエンスストア等のマルチコピー機で、住民票等の証明書の交付サービスが受けられます。
  • 他、民間等でのサービス利用が予定されております。

有効期間及び交付手数料

  • 20歳以上の方は10年(10回目の誕生日まで)、20歳未満の方は、容姿の変化を考慮して5年(5回目の誕生日まで)です。
  • 交付手数料は初回のみ無料です。(紛失等による2回目以降の交付は手数料がかかります)また、無料期間は未定となっております。

申請から交付までの流れ

申請(地方公共団体情報システム機構へ)

  • マイナンバーをお知らせする「通知カード」と一体となった「個人番号カード交付申請書」が送付されます。
  • 必要事項を記入、顔写真を貼り付けの上、同封の返信用封筒に入れて郵送してください。
  • また、個人番号カード交付申請書に表示するQRコードを読み取り、顔写真データとともにオンライン申請をすることもできます。
  • 個人番号カード交付申請書は以下からダウンロードいただくか、お近くの市役所窓口でも入手できます。

交付(奥州市役所市民課で)

  • 申請した方には順次、交付通知書(はがき)が届きます。交付日、交付場所などをご確認ください。
  • 交付通知書に必要事項を記入し、指定の交付日(交付期間)に、指定の交付場所へ本人がお越しください。
  • 窓口で本人確認後、暗証番号を登録していただき、交付完了となります。
  • 暗証番号は事前に考えておいてください。
  • 15歳未満の方や成年被後見人が受け取る場合は、その法定代理人も本人確認書類を持参し同行してください。

個人番号カード交付通知書

 必要な持ち物は次のとおりです。

  • 交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 本人確認書類(※1)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • 代理権の確認書類(法定代理人のみ※2)

※1 本人確認書類とは

 Aから1点または、Bから2点

A

住民基本台帳カード(写真付きのものに限る。)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

B

生活保護受給者証、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、住民名義の預金通帳、民間企業の社員証、学生証、学校名が記載された各種書類など

※2 代理権の確認書類とは

 戸籍謄本その他の資格を証明する書類

 ただし、「本籍地が奥州市内である場合」または「本人が15歳未満の方で代理人と同一世帯かつ親子関係にある場合」は不要

本人が受け取りに来ることが困難な場合

 本人受け取りが原則ですが、病気や身体の障がいなどのやむを得ない理由により個人番号カードを受け取るのが難しいときに限り、代理人に受け取りを委任できます。

 ただし、次の書類が必要です。

  • 交付通知書(はがき)
  • 本人の通知カード
  • 本人の本人確認書類(※3)
  • 代理人の本人確認書類(※4) 本人及び代理人の写真付の公的本人確認書類がない場合は交付できません。
  • 本人の住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • 代理権の確認書類(※5)
  • 申請者本人の来庁が困難であることを証する書類(診断書や障害者手帳、本人が施設に入所している事実を証する書類など)

※3 本人の本人確認書類とは

 Aから2点または、AとBから1点ずつまたは、Bから3点(うち写真付きを1点以上)

※4 代理人の本人確認書類とは

 Aから2点または、AとBから1点ずつ

A

住民基本台帳カード(写真付きのものに限る。)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

B

生活保護受給者証、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、住民名義の預金通帳、民間企業の社員証、学生証、学校名が記載された各種書類など

※5 代理権の確認書類とは

 法定代理人の場合:戸籍謄本その他の資格を証明する書類

 ただし、「本籍地が奥州市内である場合」は不要

 その他の場合:委任状

マイナンバーカードは本人のマイナンバーを証明する等、大切なカードですので、その受け取りには必要書類をはじめ厳格な手続きとなります。ご了承ください。

マイナンバーカード申請後に、他市区町村に住所変更した場合

 マイナンバーカードを申請し、カードの交付を受けずに他市区町村に住所変更した場合、申請は無効となります。その場合は改めて新住所地で交付申請をしてください。

 なお、同一市区町村内での住所変更であれば、改めて交付申請をする必要はありません。

マイナンバーカードを紛失した場合

 紛失した場合は、速やかにコールセンター(0570-783-578)に一時停止の連絡をし、市役所と最寄りの警察へ紛失の届けをしてください。

関連情報

ダウンロード

個人番号カード交付申請書[PDFファイル/509KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)