ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 公的個人認証サービス

本文

公的個人認証サービス

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月15日更新
<外部リンク>

 公的個人認証サービスとは、家庭等から各行政機関等に、インターネットを通じて各種電子申請を安全・確実に行うために必要な機能を提供するものです。

 インターネットで電子申請する際の

  • 成りすまし(他人に成りすましての申請)
  • 改ざん(申請書等の書き換え)
  • 送信否認(送信行為の否認)

 を防止するために必要不可欠なサービスです。

 公的個人認証サービスを利用するには、「電子証明書」が格納されたマイナンバーカード又は住民基本台帳カードとICカードの情報の取り出しや書き込みを行うカードリーダーが必要となります。

 詳しくは、地方公共団体システム機構が開設した公的個人認証サービスのページ(下記リンク先)で、確認してください。

電子申請の利用方法

  1. 公的個人認証サービスの利用者クライアントソフト及び利用する電子申請/届出に必要なソフトをインストールします。
  2. 行政機関の電子申請のホームページ等から申請書の必要事項を入力し、申請書を作成します。
  3. 電子証明書が記録されたマイナンバーカード又は住民基本台帳カードをカードリーダライタ(ICカードの情報の取り出しや書き込みを行う装置)にセットし、暗証番号を入力します。
  4. 「電子署名」ボタンをクリックすると申請書に電子署名をします。
  5. 「送信」ボタンをクリックすると「申請書」、「電子署名」、「電子証明書」を送信します。

 電子証明書は「印鑑証明書」の役割を持ち、電子署名が「実印の押印」の役割を持ちますので、電子申請書を受信した側では、間違いなく本人から送信されたものであることと、申請書が改ざんされていないことが確認されます。

リンク

電子証明書申請方法

  • 本人がマイナンバーカードを持参して申請してください。
  • 電子証明書は、有効期間が5年間(住民基本台帳カードの搭載は3年間)とされており、交付手数料は200円(初回手数料は無料)となります。
  • 申請、電子証明書の受領等の手続は、本庁市民課または各総合支所市民環境課の窓口で行います。
  • マイナンバーカードをお持ちでない方は電子証明書の申請を行うことはできませんので、必要な場合は事前にマイナンバーカードの交付を受けてください。

ご注意

  • マイナンバーカード申請・交付時等に電子証明書不要の申し出をしていない方は、現在お持ちのマイナンバーカードに電子証明書が格納されています。
  • 現在お持ちの住民基本台帳カードに新たに電子証明書を格納することはできません。

関連情報

電子証明書を取得して、e-Taxを利用しませんか。

 e-Taxとは、申告などの国税に関する各種の手続きについて、インターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムです。
 確定申告時期が近づくと、電子証明書の発行の際にお待ちいただく場合もありますので、電子証明書の取得はお早めにお願いします。

詳細な情報については、次のホームページをご覧ください。