ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > ごみ・リサイクルについて

本文

ごみ・リサイクルについて

印刷用ページを表示する 更新日:2019年3月20日更新
<外部リンク>

「ごみ」・「リサイクル」の分け方・出し方ポスター

 奥州市内における「ごみ」「リサイクル」の分け方・出し方は次のとおりです。
※「ごみ」「リサイクル」の分け方・出し方ポスター及び収集日程については、最下部よりダウンロードが可能です。

ごみの収集についての画像

ごみ・リサイクルの出し方の基本ルール

出し方について

  • 燃えるごみ、燃えないごみは指定ごみ袋に入れて出してください。指定ごみ袋以外の袋で出されたものは収集しません。指定ごみ袋に入らない大きさのごみは胆江地区衛生センターへ直接搬入するか、一般廃棄物収集運搬許可業者に処理を依頼してください。
  • 指定ごみ袋は燃えるごみ用(赤色印字)燃えないごみ用(青色印字)の2種に大小の大きさ2種の計4種になります。市内小売店などで取り扱っていますので、お買い求めください。
  • リサイクル(資源ごみ)については指定ごみ袋はありませんので、品目ごとにリサイクルステーションにあるコンテナやネットに直接入れてください。紙類は紐で縛って出してください。

出す時間について

  • 燃えるごみ、燃えないごみ、平日リサイクル及び日曜リサイクルは地域ごとに決められた時間に出してください。
  • 時間変更等の地域のルールがある場合は守りましょう。

ごみステーション及びリサイクルステーションについて

  • 燃えるごみ、燃えないごみ、平日リサイクルは自分の地区のステーションに出してください。使用するステーションについては、町内会等の自治会、本庁生活環境課または各総合支所市民環境課にご確認ください。
  • ステーションは各地域で管理しています。きれいに使いましょう。
  • 会社や病院等の事業所から出たごみはステーションに出すことはできません。胆江地区衛生センターに直接搬入するか、一般廃棄物収集運搬許可業者に処理を依頼してください。

燃えるごみの出し方

  • 生ごみ
    よく水をきってから出してください
  • リサイクルできない紙類
    感熱紙(レシート)やカーボン紙、ノンカーボン紙、ろう引き紙、油紙、ビニールコートされた紙、シール紙、昇華転写紙(捺染紙・アイロンプリント紙)、シュレッダー処理した紙、圧着はがき、紙おむつ、汚れた紙くずなどのリサイクルできない紙類は燃えるごみへ出してください。
  • 汚れの落ちにくいプラスチック製容器包装
    マヨネーズやケチャップ、歯磨き粉、練りわさびなどの汚れの落ちにくいプラスチック製容器包装は燃えるごみに出してください。
  • 剪定枝
    指定ごみ袋に入れて出す方法の他に、紐で縛って出すことが可能です。1本の太さが10センチメートル以下の選定枝を長さ50センチメートル以下、直径30センチメートル以下の束にして出してください。散乱しやすい小枝や葉は指定ごみ袋に入れて出してください。針金などの金属線で縛らないでください。
  • その他
    革製品、ゴム製品、容器包装以外プラスチック、アルミホイルは燃えるごみに出してください。

燃えないごみの出し方

  • 刃物(包丁等)、割れたガラス製品など鋭利な部分があり危険なもの
    紙などに包んでから、「危険物」または中身を表記し、指定ごみ袋に入れてください。
  • 家電(家電リサイクル・パソコンリサイクルの対象品目は除く)や小型のガステーブル
    指定ごみ袋に入れて、燃えないごみの日に出してください。可能な限り電源コードを切り離してください。切り離したコードも燃えないごみに出してください。指定ごみ袋に入らない大きさのごみは、胆江地区衛生センターに直接搬入するか、一般廃棄物収集運搬許可業者に処理を依頼してください。
  • その他
    セトモノやガラス、金属類(リサイクルの対象のものを除く)は燃えないごみに出してください。革製品、ゴム製品、容器包装以外のプラスチック、アルミホイルは燃えるごみに出してください。

リサイクルの出し方

紙類

新聞紙・雑誌類・ダンボール類・紙パック・その他紙(紙製容器包装)

  • 上記の5種類に分けて、紐で縛って出してください。その他紙(紙製容器包装)については、紙袋に入れて出すこともできます。
  • 折り込み広告は新聞紙と一緒に出してください。
  • 感熱紙(レシート)やカーボン紙、ノンカーボン紙、ろう引き紙、油紙、ビニールコートされた紙、シール紙、昇華転写紙(捺染紙・アイロンプリント紙)、シュレッダー処理した紙、圧着はがき、紙おむつ、汚れた紙くず等のリサイクルできない紙類は燃えるごみへ出してください。

金属類

アルミ缶・スチール缶

  • アルミ缶とスチール缶の2種類に分けて、リサイクルステーションに設置されているそれぞれのコンテナもしくはネットに直接入れてください。
  • 飲料缶や缶詰缶、菓子缶、海苔缶、ペットフード缶、粉ミルクの缶などが対象です。
    ※一斗缶や塗料の缶、スプレー缶は中身を使い切った上で燃えないごみに出してください。
  • 缶はつぶさないでください。
  • 中を水ですすいでから出してください。

鉄くず(衣川のみ)

リサイクルステーションに設置されている指定のコンテナに直接入れてください。

ビン類

無色のビン・茶色のビン・その他の色のビン

  • 無色のビン・茶色のビン・その他の色のビンの3種類に分けて、リサイクルステーションに設置されているそれぞれのコンテナに直接入れてください。
  • 中を水ですすいでから出してください。

プラスチック類

ペットボトル・白色トレイ・その他プラスチック(プラスチック製容器包装)

 <共通> 

  • ペットボトル・白色トレイ・その他プラスチックの3種類に分けて、リサイクルステーションに設置されているそれぞれのネットに直接入れてください。

<ペットボトル>

  • ペットボトルはラベルとキャップを外して、中を水ですすいでから出してください。ラベルとキャップはその他プラスチックとなります。

<白色トレイ>

  • 白色トレイは白色の食品トレイが対象です。白色以外の食品トレイはその他プラスチックとなります。

<その他プラスチック>

  • スナック菓子の袋・カップ麺の容器や包装用のプラスチック、プラスチック製の緩衝材、レジ袋などもその他プラスチックとなります。

 ※ 持参したレジ袋などから取り出し、回収用ネットに入れてください。
 ※ マヨネーズやケチャップ、歯磨き粉、練りわさびなどの汚れの落ちにくいプラスチック製容器は燃えるごみに出してください。
 ※ ポリバケツやプラスチックハンガー、ビデオテープ、MD、CD、DVDなどプラスチック製品そのものは対象外となりますので、燃えるごみに出してください。(「容器」や「包装」ではないため)

奥州市一般廃棄物処理基本計画

 基本理念に基づき、次の3つを基本方針として掲げ、計画を策定しています。

  1. ごみの発生抑制の推進
  2. リサイクルの推進
  3. 廃棄物の適正処理

 ※ 一般廃棄物処理基本計画は、下の「ダウンロード」からご覧ください。

お問い合わせ先

奥州市役所 市民環境部 生活環境課(本庁・水沢) Tel:0197-24-2111(内線215・216)
江刺総合支所 市民環境課 Tel:0197-35-2111(内線142)
前沢総合支所 市民環境課 Tel:0197-56-2111(内線229)
胆沢総合支所 市民環境課 Tel:0197-46-2111(内線116)
衣川総合支所 市民環境課 Tel:0197-52-3111(内線585)

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)