ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 地球温暖化を防ごう

本文

地球温暖化を防ごう

印刷用ページを表示する 更新日:2022年4月1日更新
<外部リンク>

 私たちの住む地球は、確実に熱くなってきています。現在の平均気温は、18世紀後半の産業革命以前と比べると、1.1℃上昇しています。

世界の平均気温の推移

地球が熱くなった原因は増えた二酸化炭素!?

 産業革命以来、人間は石油や石炭などの化石燃料を燃やしてエネルギーを取り出し、経済を成長させてきました。地球温暖化の原因は、あらゆる人間活動で排出される二酸化炭素などの「温室効果ガス」です。

 衣・食・住・移動など、私たちが普段の生活の中で消費する製品・サービスのライフサイクル(製造、流通、使用、廃棄等の各段階)において生ずる温室効果ガスが、日本のCO2排出量の約6割を占めています。

地球温暖化のメカニズム   世界の人為的なCO2排出量の推移

 気温の上昇や大雨の増加、自然災害の増加の発生等、地球温暖化による気候変動は、私たちの生活に様々な影響を与えます。

地球温暖化で変わる気候  地球温暖化による農業の影響

地球温暖化を防止するにはどうすればいい?

 地球温暖化の基本的な対策として「適応策」「緩和策」の2つがあります。

「適応策」・・・温暖化による悪影響にあらかじめ備える

「緩和策」・・・温室効果ガスの排出を抑制する

「適応策」と「緩和策」の両方を、バランスを取りながら行うことが必要です。

わたしたちのできる適応策の例

健康  (熱中症対策)

地球温暖化が進むと暑い日が増えます。熱中症対策をしましょう。

(1)暑さを避ける(行動、住まい、衣服の工夫)

(2)こまめに水分を補給する

(3)急に暑くなる日に注意する

(4)暑さに備えた体を作る

(5)各人の体力や体調を考慮する

(6)集団活動の場ではお互いに配慮する

(出典:環境省「熱中症環境保健マニュアル2018」)

大雨・台風

地球温暖化が進むと極端な降水、破壊的な台風、発達した低気圧などが発生します。

自分の地域のハザードマップで安全な避難場所を確認しておきましょう。

奥州市ハザードマップ 

「奥州市ハザードマップを作成しました」(担当:市民環境部危機管理課)

わたしたちのできる緩和策の例  (出典:環境省「ゼロカーボンアクション30」)

エネルギーを節約・転換しよう

(1) 再エネ電気への切り換え

(2) クールビズ・ウォームビズ

(3) 節電

(4) 節水

(5) 省エネ家電の導入

(6) 宅配サービスをできるだけ1回で受け取る

(7) 消費エネルギーの見える化

CO2の少ない交通手段を選ぼう

(1) スマートムーブ

*徒歩、自転車や公共交通機関など自動車以外の移動手段の選択

(2) ゼロカーボンドライブ

*再生可能エネルギー電力(再エネ電力)と電気自動車(EV)、 プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池自動車(FCV)を活用した走行時のCO₂排出量がゼロのドライブ

サステナブルなファッションを

(1) 今持っている服を長く大切に着る

(2) 長く着られる服をじっくり選ぶ

(3) 環境に配慮した服を選ぶ

CO2の少ない製品・サービス等を選ぼう

(1) 環境配慮マークの付いた商品やCO₂排出量を見える化して商品に表示されている商品を進んで選択

(2) 環境・社会・企業統治の3つの観点から企業を分析、評価した上で投資を

太陽光パネル付き省エネ住宅に住もう

(1) 太陽光パネルの設置

(2) 住宅購入・新築の際は、ZEHにできるかを検討

*ZEHとは住宅の高断熱化、高効率設備による省エネルギーで消費エネルギーを減らし、太陽光パネルにより再生可能エネルギーを導入し、エネルギーを創ることで、年間の住宅のエネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅

(3) 省エネリフォーム窓や壁等の断熱リフォーム

(4) 蓄電池(EV・車載の蓄電池)、省エネ給湯機の導入・設置

(5) 暮らしに木を取り入れる

(6) 分譲も、賃貸も省エネ物件を選択

(7) テレワーク等の働き方の工夫の導入によって電力消費量やコストを削減

食品ロスをなくそう

(1) 食事を食べ残さない

(2) 食材の買い方や保存等を工夫する

(3) 国産の物や旬の物を意識して選択

(4) コンポストの活用で生ゴミの削減

*コンポストとは、家庭から出る生ごみなどの有機物を微生物の動きを活用して発酵・分解させること

3R(リデュース・リユース・リサイクル)

(1) 使い捨てプラスチックの使用をなるべく減らす、マイバッグ、マイボトル等を使う

(2) 修理や補修をする

(3) フリーマーケットで売る、シェアリングやサブスクリプション(定額料金による一定期間のサービス・コンテンツ利用など)を利用する

環境保全活動に積極的に参加しよう

(1) 地域の環境活動(植林やごみ拾い等の活動)などに参加

関連情報

【環境省】「COOL CHOICE」地球温暖化対策、省エネ、エコで「賢い選択」<外部リンク>

 国や県、関連する団体では、皆さんの活動をサポートする取組みをいろいろ展開しています。ぜひ、皆さんも地球温暖化に感心をもって、身近にできることから取組んでいきましょう。