ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 行政経営室 > 第1次奥州市行財政改革大綱実施計画の実施結果について

本文

第1次奥州市行財政改革大綱実施計画の実施結果について

印刷用ページを表示する 更新日:2012年2月6日更新
<外部リンク>

 平成19年1月、市は行財政基盤の健全化を目指し、「協働」と「経営」という理念を取り入れた行財政改革大綱と同実施計画(平成18年度から平成22年度まで)を定めました。改革全体の考え方などを示す大綱に基づき、行政サービスの向上や財政の健全化を進める具体的な実施項目を実施計画にまとめています。
 平成18年度からの5年間で約74億6千万円の改善効果を見込んだ同計画。このほど、最終年度である平成22年度の実績がまとまりました。
 ここでは、平成22年度の実施状況と、第1次実施計画の結果をお知らせします。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)