ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業振興 > 農業・林業 > 原木しいたけ(露地栽培)の出荷制限指示について

本文

原木しいたけ(露地栽培)の出荷制限指示について

印刷用ページを表示する 更新日:2018年10月18日更新
<外部リンク>

 原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)から、奥州市で生産されたしいたけ(露地において原木を用いて栽培されたものに限る。)について、当分の間、出荷を差し控えるよう、県を通じて平成24年4月25日付けで指示がありました。
 原木しいたけ(露地栽培)につきましては、既に、県から平成24年3月30日付けで出荷自粛の要請を受けておりますが、改めて、国からの出荷制限を要請されたものです。
 これにより、放射性セシウムの含有量を問わず、奥州市産の原木しいたけ(露地栽培)については、一部解除の生産者を除き出荷はできませんのでご了承ください。

※ 一部解除の生産者

  • 生産者番号B18及びB27(平成28年1月25日現在)
  • 生産者番号B41(平成28年9月12日現在)
  • 生産者番号B34(平成29年2月28日現在)
  • 生産者番号B91及びB120(平成29年9月21日現在)
  • 生産者番号B112(平成30年3月20日現在)
  • 生産者番号B4(平成30年9月18日現在)

 

岩手県農林水産部林業振興課 振興担当 Tel019-629-5770

関連情報