ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子ども・家庭課 > 母子・父子・寡婦福祉資金

本文

母子・父子・寡婦福祉資金

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月12日更新
<外部リンク>

母子・父子家庭及び寡婦のみなさんの生活の安定、子どもの福祉を図るために、

無利子または低利子で各種資金の貸付をする制度があります。

申請・相談は市の窓口で行ないます。

貸付を受けられる方

  1. 20歳未満の児童を扶養している、配偶者のないひとり親
  2. 20歳未満の父母のない児童
  3. かつて母子家庭の母であった方(現在、児童が20歳以上になっている方)
  4. 40歳以上の配偶者のない女子で、現在児童を扶養していない方

貸付の種類等

    貸付の種類、貸付限度額等は別表のとおりです

      (下記外部リンク:岩手県 母子父子寡婦福祉資金について)

貸付までの流れ

奥州市の担当窓口にて貸付申請

県南広域振興局にて面接、審査

貸付が決定した場合申請日の翌月25日ごろに貸付

貸付に必要な手続き(申請に必要な書類等)

  • 共通する添付書類
    • 申請者及び児童又は子の戸籍謄本と住民票の写し
    • 母子父子(寡婦)福祉資金借受者資格証明(様式第2号)又は配偶者のないひとり親であることが確認できる書類
    • 保証書(様式第3号)
  • その他資金の種類等により指定される添付書類

※母子寡婦福祉資金に該当しない場合は、生活福祉資金を利用できる場合があります。

詳しくは、奥州市社会福祉協議会まで

お問い合わせ

子ども・家庭課家庭福祉係
電話 0197-34-1585 Fax: 0197-51-2373