ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 長寿社会課 > 高齢者地域生活サポート事業(緊急通報システム事業)

本文

高齢者地域生活サポート事業(緊急通報システム事業)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年4月9日更新
<外部リンク>

 疾病等により症状の急変等が心配な在宅の一人暮らし高齢者等に対し、必要とする時に、簡単な操作であんしんセンターに通報することができる緊急通報装置を貸与することで、速やかな救援を行えるようにするものです。

対象者

 次のすべてに該当する方

  1. 市内に住所があり居住している方
  2. 満65歳以上の在宅ひとり暮らし高齢者又は高齢者のみの世帯の方
  3. 疾病等による身体状況の急変への対応及び随時の見守りが必要な方
  4. 緊急通報時に安否確認のできる近隣協力者がいる方

料金

 装置の貸与、使用した際の通話料は無料です。
 装置設置に係る電気料金は利用者負担となります。

申請等

 貸与を受けるには申請が必要です。
 その後、訪問調査にお伺いし、利用の可否を決定します。
 申請方法などについては、最寄りの下記担当課にお問い合わせください。

問い合わせ先・申請先

  • 本庁長寿社会課高齢者福祉係                 34-2196(直通)
  • 江刺総合支所健康福祉グループ長寿社会担当          34-2522(直通)
  • 前沢総合支所市民福祉グループ長寿社会担当          34-0274(直通)
  • 胆沢総合支所健康福祉課福祉係(健康増進プラザ悠悠館内)   46-2977(内線301)
  • 衣川総合支所市民福祉グループ長寿社会担当          34-2369(直通)
  • 通報のしくみ