ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 財政課 > 令和5・6年度奥州市入札参加資格審査申請について【受付期間終了】

本文

令和5・6年度奥州市入札参加資格審査申請について【受付期間終了】

印刷用ページを表示する 更新日:2022年12月2日更新
<外部リンク>

申請受付期間は終了しました

令和5・6年度奥州市入札参加資格審査申請の受付期間は終了しました。

申請内容の変更手続きについて

申請内容の変更について、システム上で受付する準備を進めています。
詳細については、後日掲載します。

申請手続きの主な変更点について

 奥州市を含む岩手県南広域5市3町6一部事務組合では、申請者の利便性の向上や事務の効率化を図るため、入札参加資格審査申請受付事務を共同で実施し、令和5・6年度入札参加資格審査申請から手続きの共通化及びオンライン化を開始します。
 申請手続きの時期と方法について、従来から大きく変わります。
【参加団体】
花巻市、北上市、遠野市、一関市、奥州市、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、北上地区広域行政組合、北上地区消防組合、奥州金ケ崎行政事務組合、岩手中部広域行政組合、一関地区広域行政組合、岩手中部水道企業団

【変更点1】岩手県南広域5市3町6一部事務組合による共同受付

 岩手県南広域5市3町6一部事務組合では、申請手続きを共通化し、共同で申請を受付けます。一度の手続きで、最大14団体に申請が可能となります。
 なお、申請については、令和3年10月に策定された総務省標準項目を準用し、従来と比べ申請手続きに必要な書類を削減します。

【変更点2】申請手続きのオンライン化

 インターネット上で運用する、申請受付システムを導入します。従来は、申請書類を郵送により提出いただいておりましたが、原則、オンラインでの申請となります。

【変更点3】申請時期の変更

 岩手県南広域5市3町6一部事務組合での共同受付となり、審査期間を確保するため、申請受付期間を「令和4年11月1日から令和4年11月30日まで」に変更します。

申請手続きについて【受付期間:令和4年11月1日から令和4年11月30日まで】

【受付システム稼働期間】令和4年10月28日から令和4年11月30日まで ※土日祝日を除く
【受付システム稼働時間】午前8時30分から午後9時まで
よくある質問(No12~令和4年11月18日追加)
No 質問 回答
1 滞納なし証明は、国税(その3の3またはその3の2)を必須として、本店または委任先申請を行う所在地のある岩手県南広域自治体及び紫波町の証明書を添付すれば足りるか。 お見込みのとおり。申請先の自治体全てから必ず滞納なし証明を取得しなければならないわけではない。
例:仙台市が本店、委任先営業所が盛岡市
→国税の添付のみで可
例:北上市が本店、委任先営業所が奥州市
→国税+北上市滞納なし証明+奥州市滞納なし証明
2 盛岡広域市町と同様のシステムを構築しているように見えるが、岩手県南広域のシステム上でID及びパスワードを申請せずに同じものを使用できるか。 別のシステムであるため、盛岡広域市町の申請システムにおいて既に取得しているID及びパスワードを岩手県南広域の申請なしでそのまま使用することはできない。
3 通常申請(オンライン申請)を行う際、紙媒体を併せて郵送する必要はあるか。 原則紙媒体を郵送する必要はないが、申請先によっては追加で独自の提出資料を郵送等で求める団体もあるため、申請前に一度申請先団体のHPを確認いただきたい。
4 北上市の電子入札システムに登録済であるため、今回の申請は対象外となるか。 電子入札システム利用登録とは全く別の手続きであるため、今回の参加資格審査申請は全業者が対象である。
5 営業品目の詳細を確認したが、具体的事例の中に申請を希望する営業品目がない。 (判断に苦慮するところとは思いますが)具体的事例の中で類似のものと思われる営業品目での申請を頂きたい。
6 印鑑証明書の添付は不要か。 不要である。
7 行政書士に申請を依頼する際、別途委任状の添付が必要か。 不要である。
8 建設コンサルの申請にあたって、東北地方整備局より測量業者登録証明書の発行は原則として行わない通達が出ているので、証明を受けた時点での日付のものを添付してよろしいか。 宜しいです。
手引P6「No.2、3、6については、申請日の直前3か月以内に発行されたものに限ります」を、「No.2、3については、申請日の直前3か月以内に発行されたものに限ります」と変更し、有効期間内の登録証明書であれば可とします。
9 ユーザーIDに指定事項はあるか。 任意に設定いただくものである。
10 個人事業主としてシステムに添付する身分証明書とは、具体的にどのようなものか。 市区町村長が発行する身分証明書を添付いただく。
11 一部事務組合への申請を希望する場合には、「登録を希望する団体が一部事務組合の場合に提出が必要な納税証明書」を参照し、課税の有無にかかわらず必ず添付しなければならないか。 No.1とも関連するが、納税証明書の審査はシステムに登録する本店または委任先営業所が岩手県南広域8市町(北上市、奥州市、花巻市、一関市、遠野市、金ケ崎町、西和賀町、平泉町)または紫波町にある場合に添付の有無を確認している。手引き内の該当箇所は表記方法として適切でないため、削除する。
12 システムに登録する営業所は、入札・契約事務の委任先として設定する営業所のみで問題ないか。 問題ない。
13 添付ファイルの「予備」欄はどのようなときに使用するのか。 変更申請時に使用する予定である。
14 過去に県南広域団体に入札参加資格審査申請を提出している場合には、申請受付システムメインページの「継続申請」を選択することになるか。 今回の申請は全て「新規申請」を選択いただく。

受付システムの操作方法に関する問合せ先

岩手県南広域競争入札参加資格審査申請受付センターヘルプデスク
 電話番号 0120-252-855
 開設期間 令和4年10月28日から令和4年11月30日まで ※土日祝日を除く
 受付時間 午前9時から午後5時30分まで ※正午から午後1時までを除く
 メールアドレス cydeenuketuke.iwatekennan.fs@hitachi-systems.com

共通事項【申請の手引き・様式】

※「未納が無いことの証明」は、申請先の自治体(一部事務組合の場合は、その構成市町。)に納税義務を課されている場合だけ、必要となります。
例:奥州市に資格申請はするが、奥州市内に事務所がなく、奥州市へ納税義務がない。
→奥州市の「未納が無いことの証明」は、必要ありません。

個別事項【奥州市営建設工事】令和4年10月31日マニュアル変更

 水道施設(管布設)工事につきましては、令和5年2月に技術者・技能者要件を確認するための追加調査を予定しています。
≪画面印刷に係るマニュアルの変更≫令和4年10月31日変更
18ページ(ファイルページは19ページ)
「画面印刷」において、「申請書を提出する前に必ず実施してください」の文言を削除しました。
紙媒体は提出者用の控えであり、提出は不要です。

個別事項【奥州市建設関連業務(建設コンサル)】令和4年10月31日マニュアル変更・令和4年10月28日要領変更

≪提出書類要件の変更≫令和4年10月28日変更
 令和5・6年度「奥州市建設関連業務」入札参加資格審査申請要領2提出書類(6)営業に関する登録証明書(写)アを変更しました。
 「発行後3か月以内」としていた条件を削除しました。
≪画面印刷に係るマニュアルの変更≫令和4年10月31日変更
18ページ(ファイルページは19ページ)
「画面印刷」において、「申請書を提出する前に必ず実施してください」の文言を削除しました。
紙媒体は提出者用の控えであり、提出は不要です。

個別事項【物品購入等(印刷を含む)、役務・賃貸等】令和4年10月31日マニュアル変更

 物品購入等、役務・賃貸等につきましては、令和5年2月に営業種目を細分化するための追加調査を予定しています。
 役務・賃貸等は、令和5・6年度分資格申請より随時受付を廃止し、定時受付のみとなります。
≪画面印刷に係るマニュアルの変更≫令和4年10月31日変更
19ページ(ファイルページは20ページ)
「画面印刷」において、「申請書を提出する前に必ず実施してください」の文言を削除しました。
紙媒体は提出者用の控えであり、提出は不要です。

個別事項【奥州市小規模修繕事業者登録】

 小規模修繕事業者登録は、令和5年2月に受付を行います。Web上の電子申請ではなく、紙媒体での手続きを予定しています。詳細は、令和5年1月にお知らせします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)