ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て・家庭 > 乳幼児健診・予防接種 > 異なるワクチン同士の接種間隔が変わりました
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフイベント > 子育て > 異なるワクチン同士の接種間隔が変わりました

本文

異なるワクチン同士の接種間隔が変わりました

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月30日更新
<外部リンク>
 ワクチン接種を受けた後、異なるワクチンを接種するまでにあけなければいけない間隔のルールが令和2年10月1日から一部撤廃されました。

!注意!

ただし、以下の場合はこれまでと変わらず、間隔を守らなければなりませんので十分ご注意ください。

 (1)注射で接種する生ワクチンを接種した後に

 「注射で接種する生ワクチンを接種する場合は中27日以上の間隔をあける

  例:10月1日に麻しん風しん混合予防接種を受けたら、

     中27日の間隔をおいた10月29日以降に水痘予防接種が受けられる

 (2)同じワクチンを複数回接種する場合は、それぞれに定められた間隔をあける

 (間隔は、予診票といっしょに渡している説明書に記載しています。)

  例:10月1日にB型肝炎予防接種の1回目を接種したら、

    中27日の間隔をおいた10月29日以降に2回目のB型肝炎予防接種が受けられる


 接種から数日間は熱がでたり、接種したところがはれるなどの症状が出ることがあります。接種が可能な期間であっても、必ず、熱が出ていないことや、接種したところがはれていないことなど、体調に変化がないことを確認してから接種してください。

  また、これまで通り、特に医師が認めた場合に同時接種ができます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)