ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > (副菜)プチヴェールとさくらえびのにんにく炒め

本文

(副菜)プチヴェールとさくらえびのにんにく炒め

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月19日更新
<外部リンク>

プチヴェールとさくらえびのにんにく炒め

プチヴェール

材料(2人分)

  • プチヴェール 50g
  • ホールコーン 30g
  • しめじ 20g
  • にんにく 1かけ(3g)
  • オリーブオイル 小さじ1と2分の1
  • 塩  少々(0.4g)※
  • こしょう 少々
  •  さくらえび(ゆで) 20g
  • 粉チーズ 小さじ1(2g)

作り方

  1. プチヴェールを縦半分に切る。にんにくは薄切りにし、しめじは小房に分ける。
  2. プチヴェールを炒めやすいように2分くらい下ゆでし、ざるにあけて水気を切る。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、弱火でにんにくが焦げないように炒める。
  4. 中火にしてプチヴェールとホールコーン、しめじを加えて炒め、塩・こしょうで調味する。
  5. さくらえびと粉チーズを加えてひと混ぜして火を止める。

※塩少々とは…塩を親指と人指し指でつまんだ量です。

コメント

 料理のポイント:にんにくとさくらえびの風味で減塩となります。粉チーズを少量加えると味がまろやかになります。

 プチヴェールは芽キャベツとケールを交配した新種の野菜です。ビタミンC、カロテン、鉄分、カルシウムなどが含まれて栄養価が高いです。奥州市でたくさん作られています。旬は冬で、寒さで甘さが増します。サラダ、天ぷら、おひたしなどの調理がおすすめです。

エネルギー

1人あたり 75kcal(プチベールの栄養成分は増田採種場の公表データを参考)

塩分

0.4g

野菜摂取量

解説:1日に必要な野菜の量は350グラム。1つのお椀は70グラムとなります。

野菜摂取量小鉢の画像

関連情報

岩手県環境保健研究センター 考えてみよう!からだ かんきょう<外部リンク>