ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

1 接種の概要

印刷用ページを表示する 更新日:2022年9月27日更新
<外部リンク>

奥州市では国からのワクチン供給に合わせ、希望される市民の皆様全員が接種を受けられるよう、接種を進めております。

奥州市で使用しているワクチンについて

 9月30日まで:ファイザー社製及びモデルナ社製
 10月1日以降:ファイザー社製オミクロン株対応二価ワクチン(3回目以降)及びファイザー社製(従来ワクチン/1・2回目)

 

新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンの同時接種について

 単独で接種した場合と比較して、有効性及び安全性が劣らないとの研究報告を踏まえ、インフルエンザワクチンに限り、新型コロナウイルスワクチンとの同時接種が可能とされています。

 他の予防接種と新型コロナウイルスワクチンの同時接種については、現時点で安全性に関する十分な知見が得られていないため、実施できません。他の予防接種とは、13日以上の間隔を空けるよう、ご注意ください。

 なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。

 〔参考〕(厚生労働省)新型コロナワクチンQ&A<外部リンク>

 

新型コロナウイルスに感染した方のワクチン接種について

 新型コロナウイルスに感染した方は、初回接種、追加接種にかかわらず、ワクチンを接種することができます。感染後、体調が回復して接種を希望する際には、その治療内容や感染からの期間にかかわらずワクチンを接種することができますが、当日の接種の可否については接種会場の予診医が判断します。

 なお、隔離期間中は、感染性(他の方へ感染させる可能性)が十分低下していないので、外出はお控えください(濃厚接触者も同様です)。  

 〔参考〕(厚生労働省)新型コロナワクチンQ&A<外部リンク>