ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 10 住所地外接種について

本文

10 住所地外接種について

印刷用ページを表示する 更新日:2022年9月28日更新
<外部リンク>

新型コロナワクチンは原則、住民票所在地において接種を行うこととしています。
ただし、やむを得ない理由で住民票所在地以外に長期間滞在している場合(単身赴任者、遠隔地への下宿中の学生、里帰り出産による帰省中の妊産婦、他)等は接種を行う医療機関等が所在する市区町村に届け出たうえで、接種を受けることができます。
1・2回目接種、3回目接種、4回目接種、5回目と接種区分ごとに申請が必要です。


なお、やむを得ない理由があり以下に該当する場合は、市への届け出を省略することができます。

(1) 入院・入所者
(2) 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
(3) 副反応のリスクが高いなど、体制の整った医療機関での接種を要する場合
(4) 市町村外の医療機関から往診により在宅で接種を受ける場合
(5) 災害による被害にあった者
(6) 勾留又は留置されている者、受刑者
(7) 国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種する方
(8) 職域接種される方(県主催のものに限る)

届出について

郵送で行う

 下記の「新型コロナウイルスワクチン接種住所地外接種届」に必要事項を記載の上、必要となる書類を同封し、以下宛先までご郵送ください。なお、申請から届出済証の発行まで10日程度を要します。

●申請に必要な書類

  1. 新型コロナウイルスワクチン接種住所地外接種届 [PDFファイル/1月04日MB]
  2. 接種済証または接種記録書の写し
  3. 住民票所在地で発行された接種券の写し

 

●送付先

 〒023-8501
  岩手県奥州市水沢大手町一丁目1番地
  奥州市健康増進課 コロナワクチン住所地外接種届担当

窓口で行う

 本庁健康増進課又は各総合支所窓口でも手続き可能です。
 なお、申請に必要な書類は郵送で申請する場合と同様(3種類)です。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)