ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア推進室 > 奥州市介護予防・生活支援サポーター養成研修

本文

奥州市介護予防・生活支援サポーター養成研修

印刷用ページを表示する 更新日:2019年1月23日更新
<外部リンク>

奥州市介護予防・生活支援サポーター養成研修を開催しています

奥州市では、高齢者が住み慣れたまちで暮らし続けられるよう、介護予防や生活支援の担い手となる地域の人材を養成する研修を、年2回程度開催しています。研修では、介護予防や生活支援の取り組みに役立つ知識や技術を学びます。
なお、本研修の修了をもって、奥州市元気応援型通所サービスの従事者資格とすることができます。

本年度の開催は終了しました。研修内容や次回の開催日程については、お問合せください。

受講料、定員、対象者

  • 受講料:無料
  • 定員:30人程度
  • 対象区分:(1)元気応援型通所サービスの従事者
         (2)介護予防や生活支援の活動への意欲がある市民

内容

研修科目と内容
科目 内容
介護概論 介護保険制度 奥州市の現状と総合事業
高齢者の特徴と対応 老化に伴う心身の変化 高齢者特有の疾病
コミュニケーションの手法

共感、受容、傾聴的態度のポイント
基本的なコミュニケーションのポイント

緊急対応 普通救命講習(講義、実技)
介護技術 奥州市の介護予防 介護の心構えと注意点 困難時の対応
認知症の理解 認知症サポーター養成講座
オリエンテーション 総合事業の担い手について 活動の場の紹介

市担当職員が介護保険制度について説明緊急対応の講義で心肺蘇生法を学ぶ気道確保について学ぶ受講者コミュニケーションの講義での実技