ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 奥州市都市公園長寿命化計画の策定内容

本文

奥州市都市公園長寿命化計画の策定内容

印刷用ページを表示する 更新日:2016年5月11日更新
<外部リンク>

 現在奥州市が管理する公園数は、都市公園46箇所、児童遊園43箇所、農村公園48箇所、その他の公園74箇所となり、奥州市全体で211箇所あります。

 中でも都市公園は、10年後に供用開始後30年が経過する公園が全体の約6割強を占めることとなり、公園施設の老朽化が進み、適切な維持管理が難しい状況となることが予測されるため、市では「奥州市都市公園施設長寿命化計画」を策定しました。

 長寿命化計画は、健全度判定による計画的かつ予防的な修繕または施設の更新を実施することにより、安全で安心な公園を確保するとともに、経費の縮減と公園施設の長寿命化を図るものです。

ダウンロード

概要版 奥州市都市公園長寿命化計画[PDFファイル/1.03MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)