ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 市・県民税特別徴収関係様式(特別徴収義務者用)

本文

市・県民税特別徴収関係様式(特別徴収義務者用)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月10日更新
<外部リンク>

以下のような事由が発生した場合は、すみやかに該当する様式をダウンロードし、作成のうえ税務課窓口に提出または郵送してください。

  1. 特別徴収の方や特別徴収として給与支払報告書を提出した方に退職や休職、転勤などの異動があった場合(様式A)
  2. 本人希望や入社、復職等により普通徴収の方を新たに特別徴収に切替える場合(様式B、様式C)
  3. 特別徴収税額の納期の特例の承認を受けたい場合(様式D)
  4. 特別徴収税額の納期の特例の要件を欠いた場合(様式E)
  5. 特別徴収事業所の所在地・名称などの変更がある場合(様式F)
  6. 退職手当等にかかる特別徴収税額の納入がある場合(様式G)
  7. 給与支払報告書等を光ディスク等で提出したい場合(様式H)

注意事項

  1. 異動届出書は、その給与の支払いを受けなくなった日の属する月の翌月10日までに提出してください。
  2. 1月1日以後の退職または休職等により徴収できなくなった特別徴収税額は、納税者の申し出にかかわらず退職後の給与等から差し引き、一括納入してくださるようお願いします。
  3. 納期限を過ぎた普通徴収分は特別徴収に切替できません。
  4. 新たに特別徴収を希望する方が複数名いる場合は、新規申出書(様式B)を人数分コピーして記入するか、または新規申出書(様式B)に別紙一覧(様式C)を添付してください。
  5. 特別徴収の納期は、翌月10日までです。(例えば6月分の月割額は、7月10日が納期となります。)
  6. 納期の特例の承認が受けられる特別徴収義務者は、給与の支払を受ける者が常時10人未満であるものに限ります。
  7. 退職手当等にかかる特別徴収税額の納入がある場合は、納入申告書(市県民税特別徴収税額の納入書の裏面)を金融機関経由で提出するほか、別紙「納入申告内訳書」を直接市に提出してください。
平成31年度 市・県民税特別徴収納期一覧表
対象月 納期限 対象月 納期限
6月分 7月10日(水曜日) 12月分 1月10日(金曜日)
7月分 8月13日(火曜日) 1月分 2月10日(月曜日)
8月分 9月10日(火曜日) 2月分 3月10日(火曜日)
9月分 10月10日(木曜日) 3月分 4月10日(金曜日)
10月分 11月11日(月曜日) 4月分 5月11日(月曜日)
11月分 12月10日(火曜日) 5月分 6月10日(水曜日)

ダウンロード

※ (様式一式)特別徴収のしおりにはゆうちょ銀行・郵便局を払込金融機関に指定するための様式については含まれておりません。様式が必要な場合は、お問い合わせ先までご連絡ください。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)