ハイリスク妊産婦の方を対象に交通費等の助成を行います

更新日:2023年09月29日

ページID: 9426

 令和5年1月1日以降の自宅や里帰り先から周産期母子医療センター(注釈)までの通院等にかかる交通費や宿泊費を助成します。

(注釈)県内の周産期母子医療センター

  • 岩手医科大学附属病院
  • 県立中央病院
  • 盛岡赤十字病院
  • 県立宮古病院
  • 県立中部病院
  • 北上済生会病院
  • 県立磐井病院
  • 県立大船渡病院
  • 県立久慈病院
  • 県立二戸病院

対象者

 周産期母子医療センターにおいて、医療費に「ハイリスク妊娠管理加算」、「ハイリスク分娩管理加算」が算定される方、または相当する疾患を有すると医師が認める方

(注意)県外の医療機関に通院している方は、通院先の医療機関に周産期母子医療センターに該当するかご確認下さい。

助成額

 1回の出産あたり、5万円を上限

  • 交通費:自宅や里帰り先から医療機関までの往復最短距離1キロメートルあたり37円
     (ハイリスク妊産婦であることを理由に周産期母子医療センター内の他科を受診した場合も含む)
     待機宿泊した場合は、自宅等~宿泊施設~医療機関となります。
     有料道路料金、駐車場利用料金 奥州市妊産婦タクシー助成券を使用した分は申請できません。
  • 宿泊費:妊産婦が通院や出産のために宿泊施設に待機した場合の宿泊費

 助成対象期間は産後6週間までです。

申請に必要なもの

  • ハイリスク妊産婦該当事項表(周産期母子医療センターが記載したもの)
  • 母子健康手帳
  • 振込先口座の通帳(妊産婦本人名義のもの)
  • 助成対象となる受診日が記載されている医療費領収書、明細書(妊産婦健診分を除く)
  • 有料道路料金の領収書
     (ETCを利用の場合、クレジットカードの明細書等金額がわかるもの)
  • 駐車場利用料金の領収書
  • 宿泊費の領収書
  • 来庁者の身分証

申請期限

年度ごとの申請となります。

令和5年1月~3月までの通院分は令和5年3月31日まで

令和5年4月以降の通院分は令和6年3月31日までに申請してください。

(注意)期限までに申請できない場合は下記の申請窓口までご相談ください。

申請窓口

  • 本庁(水沢):健康増進課 親子みらい係 電話番号:0197-34-2171
  • 江刺:健康福祉グループ 電話番号:0197-34-2523
  • 前沢:市民福祉グループ 電話番号:0197-34-0275
  • 胆沢:健康福祉グループ(悠悠館) 電話番号:0197-46-2977
  • 衣川:市民福祉グループ 電話番号:0197-34-2370

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 親子みらい係
〒023-8501
岩手県奥州市水沢大手町1-1
電話番号:0197-34-2171
ファックス:0197-51-2373
メールでのお問い合わせ
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか